ここから本文です

「ON 異常犯罪捜査官」衝撃的な展開の連続が“最終回並”と話題。「これで折り返しだぞ…」「もう次が気になる」

E-TALENTBANK 8月10日(水)11時28分配信

9日(火)にフジテレビ系「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」の第5話が放送された。

同ドラマは、警察学校を優秀な成績で卒業し刑事部に配属された新人刑事・藤堂比奈子(波瑠)が、数々の異常犯罪に立ち向かう……というストーリー。比奈子は、遺体や事件に直面すると怖気づくことなく「興味深い」と発する。先輩にあたる東海林泰久(横山裕)は殺人犯に興味を持つ比奈子に違和感を抱き始め、精神科医の中島保(林遣都)は比奈子の異常性に完全に気付くことになる。

惨殺的な異常犯罪が相次ぐなか、その裏では、殺人を犯した犯人たちの猟奇自殺が問題視されていた。

前回“ハルヨコ”コンビは不可解な自殺を遂げていった犯人たちの新事実を突き止め、視聴者からは「次回の展開が読めない!」などと、急すぎる衝撃的な展開に注目が集まっていた。そして昨晩放送された第5話では、ついにその全貌が明らかになる。5年前に起きた女子中学生殺人事件を手がかりに、「ハヤサカメンタルクリニック」「潜入」をキーワードに捜査を続けた比奈子と東海林は、信じ難い結末を目の当たりにすることになる。

視聴者からは「猟奇殺人の真相が見れてよかった迫力が最終回並ですごい驚いたww」「もう次が気になる」「今夜の回は切なかった。波瑠ちゃんの演技凄かった」「最終回だっけ…?って思ってしまうくらい濃い内容だったな」「これで折り返しだぞ……」などのコメントが寄せられており、誰も予想だにしなかったクライマックスに衝撃が走っていた。

次回は東海林と密かに関係を持つ「情報屋の男」が重要人物となりそうだ。今後の展開にも目が離せそうにない。

最終更新:8月10日(水)11時28分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。