ここから本文です

今夏好調の広島・菊池「ちゃんと食べられているし、いい感じ」

Full-Count 8/10(水) 7:20配信

昨季8月月間打率は.230「夏場にご飯が食べられなくなって、体重も落ちた」

 9日の阪神戦を10-3で快勝した広島。打のヒーローとして、先制の2点タイムリーを放った菊池涼介とダメ押しの3ランを放った鈴木誠也がお立ち台に上がった。お立ち台で菊池は「チャンスになると、すごい声で応援してくれるので、後押しになってます」と超満員のファンに感謝した。鈴木は、恒例となった「最高でーす」と叫んだ後、「先輩方がチャンスで回してくれるので、なんとかつなぎたいという気持ちで打席に入りました」と喜んだ。

広島、セ・リーグ首位をキープ…2016年NPB順位表

 先制打について菊池は、「ジョンソンがバスターでチャンスを広げてくれて、(田中)広輔がつないでくれた。なんとかしたいという思いが強かったので、結果が出てよかった」と、安堵した様子だった。昨季は8月の月間打率が.230と低迷したことを問われると、「去年は夏場にご飯が食べられなくなって、体重も落ちた。今年はちゃんと食べられているし、いい感じです」と、コンディションの良さを強調した。

 鈴木は「積極的にいこうと思っていた。ファーストストライクをしっかり触れたのでよかったです」と、ラッキーセブンの一発を振り返った。シーズンの本塁打数が16本となり、チームトップのエルドレッドに並んだが、「まったく考えていない。数字が終わってからのこと。今は打席の入り方などを、しっかり意識するようにしている。いい打球でもアウトになることがあるし、そこから悪い方にいってしまうこともあるので、結果は考えないようにしている」と記録よりも内容を重視する。

 二度のビッグイニングで、いずれも打点を挙げた鈴木だが、「チャンスで回ってきたら、自分の仕事をしようと思っているだけ。先輩たちがいい形で回してくれるので、そこで思い切ってやるだけです」とチームの一員としての自覚を示した。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:8/10(水) 7:20

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています