ここから本文です

九州など西日本を中心に猛烈な暑さ続く

ウェザーマップ 8月10日(水)6時14分配信

 きょう10日も高気圧に覆われ、全国的に晴れて厳しい暑さが続く見込み。特に九州など西日本で気温がかなり高くなり、引き続き熱中症に警戒が必要となる。

 きのう9日は甲信や関東南部を中心に猛烈な暑さになり、南巨摩郡身延町(山梨)では午後2時半前に39.2℃まで上がり、統計がある1977年以降最も高い気温を観測した。きょうは九州など西日本で、気温が35℃以上の猛暑日になる所が多い見込みだ。

 <きょうの予想最高気温>
 38℃ 日田(大分)、佐賀
 37℃ 広島、山口、久留米(福岡)、人吉(熊本)
 36℃ 甲府、岐阜、大阪、岡山、高松、福岡など
 35℃ 名古屋、神戸、下関(山口)、鹿児島など

 気象庁は、東北から沖縄にかけての32地方・府県に高温注意情報を発表している。熱中症に厳重に警戒し、こめまに水分を補給したり冷房をうまく使うようにするなど、野外だけではなく室内でも万全な対策が必要だ。

最終更新:8月10日(水)6時14分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。