ここから本文です

料理キット、水耕栽培器・・・ 自由研究提案し商品を売り込み

日本農業新聞 8/10(水) 7:01配信

 野菜の味の違いや栽培過程などを「自由研究」のテーマとして提案し、商品を売り込むメーカーが相次いでいる。日本能率協会によると、小学生の子どもを持つ親が自由研究で最も悩むのはテーマの設定。子どもに商品への興味を持たせ、親の財布のひもを緩ませる狙いだ。

 有機野菜などをインターネット販売するオイシックス(東京都品川区)は、自由研究対策商品の料理キット2種類を11日から発売する。カレーグラタンの入った商品では、同社オリジナル品種「シフォンなす」をはじめ3種類のナスを食べ比べさせ、食味の他、切り口や重さを観察。商品と一緒に入れた研究シートを参考に、子どもたちは自由研究を仕上げていく流れだ。

 同社の利用が初めての客には送料無料や野菜などもプレゼント。子どもの自由研究を入り口に、新規顧客の獲得につなげる狙いだ。同社は「小学校低学年の子どもを持つ、親御さんからの新規注文が増えそうだ」と好感触をつかむ。

 ダスキン(大阪府吹田市)は、販売している家庭用の水耕栽培器の販促ツールに、自由研究を活用する。栽培の過程を記録できる日記帳を5日までの期間限定で配布。サラダ菜などの葉物野菜やベビーリーフの種まきから収穫までを観察し、日記帳に記入する。栽培器の価格は1台2万2218円。「まずまずの注文があった」と話す。

 料理レシピ検索サイト大手のクックパッド(渋谷区)は、自由研究の特集ページを設けている。ページには、ジャガイモから片栗粉を作る方法や、甘いミニトマトの見分け方など、悩みがちなテーマ設定を助けるコンテンツが多数並ぶ。同社は「夏休みに関心が高い情報をまとめることで、アクセス数を増やしたい」と狙いを話す。

日本農業新聞

最終更新:8/10(水) 7:01

日本農業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。