ここから本文です

「野球(89)の日」に“守備の人”楽天・藤田が4安打で勝利に貢献

Full-Count 8月10日(水)7時40分配信

6回にスタンリッジから逆転適時打&8回には南から勝ち越し三塁打

 守備のスペシャリスト、楽天・藤田一也が久々にバットで魅せた。

 9日のロッテ戦で4打数4安打3打点と大暴れ。「(先発の)塩見が粘り強く投げていたので、何とか勝ちをつけたかった」と、0-1の6回2死一、三塁でスタンリッジのナックルカーブを右前へ運び、逆転2点タイムリーとした。同点とされた直後の8回には、勝ち試合の8回を任されているロッテのセットアッパー南の148キロ直球を完璧に捉えて、右中間へ勝ち越し三塁打を放った。

 8月9日は、語呂合わせで「野球の日」と呼ばれている。その日に見せた活躍に「8月9日に仕事ができ、ファンの皆さんに喜んでもらうことができた」とお立ち台で胸を張った。

 この日は6回1死一塁で井口の左翼ライナーをウィラーが完璧なタイミングでダイビングキャッチして、米村外野守備コーチが狂喜して出迎えるなど、他にもスーパープレーが続出。「野球の日」に楽天が存在感ある勝利を見せつけた。藤田の4安打といい、ウィーラーの好守といい、梨田監督も「金メダル以上だね」とか顏をほころばせるしかなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月10日(水)7時40分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。