ここから本文です

和田京平レフェリーがプロデュース興行を新木場で開催!

バトル・ニュース 8月10日(水)12時20分配信

 8月20日に『和田京平プロデュース”プロレス夏祭り”in新木場2016』が開催される。
 和田京平推薦のオープニングマッチ『Hi69vs趙雲子龍』から始まり、東京愚連隊式タッグマッチや男女ミックス6人タッグマッチ、センダイガールズ提供試合など全5試合。
 メインイベントは『鈴木秀樹(はぐれIGF軍団)&佐藤耕平(ZERO1)&日高郁人(ZERO1)vs長井満也(ドラディション)&柴田正人(フリー)&鈴木鼓太郎(フリー)』という他団体では見ることの出来ないカードが実現した。

 当日のリングアナは田中ケロとプロレス界一の美人リングアナウンサー富山智帆が多言語化対応されたリングアナを行い、週刊プロレスや週刊ゴングで連載していた河口仁先生がポスターデザインを担当。

 昭和のファンが楽しめる今のプロレスが込められた大会となっている。

最終更新:8月10日(水)12時20分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。