ここから本文です

香川&ゲッツェの共演が4年ぶりに復活するも…… 機能しなかったドルトムント、ビルバオに完敗

theWORLD(ザ・ワールド) 8月10日(水)7時10分配信

ビルバオの堅固な守備に苦戦

現地時間9日、ドルトムントはスイス合宿の総仕上げとなるテストマッチで、スペインのアスレティック・ビルバオと対戦した。日本代表MF香川真司は5日に行われたサンダーランド戦に続き先発起用され、復帰したマリオ・ゲッツェと4年ぶりの共演を果たした。

ドルトムントは序盤に先取点を許してしまう。20分、後方からパスをつなごうとするドルトムントに対して、ビルバオは前線から積極的にプレスを仕掛けMFヴァイグルからボールを奪取する。そして連携したパスワークでドルトムントの守備網を崩すと最後はスサエタがゴールに流し込んで試合の均衡を破った。

その後サイドを起点に攻めこむドルトムントは41分、MFゲッツェのクロスがMFサン・ホセの手に当たりPKを獲得すると、キッカーのFWオバメヤンがゴール左隅を狙ってシュートは蹴りこむ。だがGKイライソスが好セーブを見せ、ドルトムントは同点に追いつくチャンスを逃してしまう。

アスレティック・ビルバオが1点をリードして迎えた後半。ドルトムントのトゥヘル監督は、68分に香川真司に代えてDFパク・チュホをピッチに送り出す。香川は序盤、オバメヤンにバックヒールでパスを通し決定機を演出するも、その後はなかなか良い形でボールを受けることができず、見せ場を作り出せなかった。

そのままスコアは動かず、ドルトムントは0-1のスコアでアスレティック・ビルバオに敗れた。ドルトムントは今後、14日にバイエルン・ミュンヘンとDFBスーパーカップでバイエルン・ミュンヘンと対戦し、27日に開幕するブンデスリーガではトゥヘル監督にとって古巣となるマインツと対戦する予定となっている。

[スターティング・メンバー]
ドルトムント:ヴァイデンフェラー、ピシュチェク、ソクラテス、ブルニッチ、シュメルツァー、ヴァイグル、香川、ゲッツェ、プリシッチ、オバメヤン、シュールレ

アスレティック・ビルバオ:イライソス、デ・マルコス、ボベダ、ラポルテ、バレンシアガ、サン・ホセ、ベニャ、エラソ、スサエタ、ウィリアムス、アドゥリス

[スコア]
ドルトムント 0-1 アスレティック・ビルバオ

[得点者]
アスレティック・ビルバオ:スサエタ(20)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月10日(水)7時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]