ここから本文です

かわいいだけじゃないの。火星探査機キュリオシティ、レーザーを自発的に発射できるように

ギズモード・ジャパン 8月10日(水)21時12分配信

いつまでもかわいいだけじゃ生きていけないの。

火星探査機キュリオシティに搭載されたレーザーをアップデートしたことを、NASAが発表しました。これによって、キュリオシティは、自発的にターゲットに向けレーザーを発射することができます。

カメラがチャームポイント、セルフィーがかわいくて愛らしいキュリオシティに、そもそもなぜ武器が必要なのかというと、岩を砕くためです。火星の岩を砕き、その科学組成物を解析します。どの岩にレーザーを発射するのか、今まではNASAの担当科学者がエリアによって選択してきました。が、今回のソフトウェアをアップデートによって、キュリオシティ自身が対象物を選択、レーザー発射できるようになりました。例えば、キュリオシティとNASA科学者との通信が絶たれている状況で、変わった岩に遭遇したとします。すると、キュリオシティは、科学者=人間の指示がなくても、その岩をターゲットと判断し、レーザービームをくらわすことができるのです。

アップデートは、キュリオシティによる火星の岩の解析を、効率的に進めるためのもの。火星で軍事強化して、どんどん自主性が伸び、軍隊を従え火星帝国を築き、いつの日か地球と一線交えるなんて、そんな未来を想像した人は考え過ぎですよー。考えすぎです、よ…。

source: NASA

Ria Misra - Gizmodo US[原文]

(そうこ)

最終更新:8月10日(水)21時12分

ギズモード・ジャパン