ここから本文です

7月6試合7得点の清水FW鄭大世がJ2月間MVP受賞「僕は1%の仕事をしただけ」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月10日(水)9時0分配信

99%は……

清水エスパルスFW鄭大世が7月度のJ2月間MVPに輝いた。

昨季のシーズン後半戦から清水に加入して主力選手として活躍する鄭大世は、自身初となるJ2での戦いとなった今季もチームに欠かせない存在として君臨。7月に開催された6試合ではすべてに先発出場し、7得点を記録した。月間MVPを選定するJリーグ選考委員会は同選手について「前線で攻撃の起点になるシーンが多く、シュート数25本(1位タイ)、枠内シュート数14本(1位タイ)とフィニッシャーとして抜群の存在感を放った」と評価している。

月間MVPを受賞した鄭大世も「7月に多くのゴールを決めることができ、この賞をいただくことができて素直に嬉しく思います」とコメント。「MVPという賞は、得点という結果を出したフォワードにフォーカスされがちですが、得点できているのはチームの状態が良いからであり、得点までにチームメイトが作り上げてくれたからこそで、個人だけの力で受賞できたとは到底思っていません。チームメイトやチームに携わる方々やファン・サポーターの皆さんの力が99%で僕は1%の仕事をしただけなので、この喜びを皆と分かち合いたいと思います」と語った。

7月に7得点を挙げて得点ランキングでもトップに立った鄭大世だが、クラブは27試合を消化して6位。J1自動昇格圏の2位までは8ポイント離されている。7月の月間MVPを受賞した鄭大世は今後も得点を量産し、清水をJ1に導くことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月10日(水)9時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]