ここから本文です

ワシントン・ポストの五輪リポーター、実は人工知能だった!

ギズモード・ジャパン 8月10日(水)22時40分配信

人工知能リポーター、誕生。

米大手メディア、ワシントン・ポストが、リオ五輪の報道に一部、人工知能を採用していることを明かしました。使っているのは自社開発の人工知能「Heliograf」。すでにTwitterなどで活躍しています。

人工知能が五輪を報道すると言っても、Heliografが担当するのは試合結果やスケジュールを伝える短い文章のみです。機械的な内容とも言えますね。

Heliografはワシントン・ポストの五輪専用Twitterアカウント、@WPOlympicsbotの運営を担当しており、さまざまな競技の結果を随時伝えています。この試合結果速報は、ワシントン・ポストのライブブログ、Messengerのワシントン・ポストbot、Alexa対応端末でもチェクすることができます。なるほど、結果を知りたいだけならこれで十分です。

ワシントン・ポストは、五輪はHeliografのような人工知能リポーターの可能性をしらしめる絶好の機会であると考えています。2014年のソチ五輪では、スポーツ担当記者が試合結果をマニュアルで公開せねばならず、膨大な時間が費やされたことを例にあげ、Heliografの導入により、記者/編集者のリソースを解説や裏話などの多方面に割く事ことができるといいます。

ワシントン・ポストのデータサイエンス担当のSam Han氏は「Heliografのリリースは、ワシントン・ポストのマシーンラーニング利用において、次への自然なステップ」だと語っています。今後さらに開発は続けられ、スポーツ以外でもその活躍の場を広げていく計画です。将来的には大統領選挙での活用も予定されています。

人工知能、活躍の場はまさに無限。そりゃ、人間があせってしまうのも無理ないかぁ。

image by maxuser / Shutterstock
source: The Washington Post

最終更新:8月10日(水)22時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]