ここから本文です

【MLB】元阪神・守護神の呉昇桓、新ニックネーム募集中!

Full-Count 8月10日(水)14時1分配信

強豪カージナルスで守護神就任「対戦が楽な打者なんて誰もいない」

 今季からカージナルスに入団した韓国人メジャーリーガーの呉昇桓。生まれ育った韓国では9年で277セーブを挙げ、韓国球界No.1クローザーに成長。2014年から2季を過ごした阪神でも、守護神として通算80セーブを挙げるなど大活躍だった。アジアを代表するクローザーとも言える呉は、新たに挑戦したメジャーでも着実に存在感を強めている。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 カージナルス入りした今季、開幕当初は中継ぎ陣の一角に過ぎなかったが、堅実なピッチングで首脳陣の信頼を獲得。セットアッパーとして実績を残す中で、守護神ローゼンタルの成績不振やシーグリストの故障が発生し、7月から新守護神を任されることになった。8月8日現在、56試合に登板し、56回2/3を投げて2勝2敗9セーブ、14ホールドを記録。防御率は2.06と好調で、72奪三振に対して14四球しか与えていないという安定した投球内容だ。

 母国・韓国を皮切りに、日本、アメリカと3ヵ国を渡り歩く右腕に、米スポーツ専門局「ESPN」公式サイトが注目。一問一答形式の記事を掲載し、今季カージナルス浮沈のカギを握る守護神を紹介している。

 誰もが気になるのは、韓国、日本、アメリカの球界の差だろう。それぞれにどんな特長があり、何が違うのか。呉は自らの経験を基に、日本よりも韓国球界の方がパワー打者が多いと明かしているが、日米の違いについては「対戦が楽な打者なんて誰もいない。それぞれに打ち取るのは難しい。みんな違う打者だからね。明らかな違いは、メジャーの方がパワー打者が多いこと」と話したそうだ。メジャーが最高峰か問われると「言うまでもないこと。みんな既に知っている。ここでプレーすることは誰もが夢見ることだよ」と話し、メジャーでプレーし続けることが「ベストなシナリオ」で、選手として骨を埋める覚悟があることも明かしている。

愛称「石仏」「ファイナルボス」が浸透も、新ニックネームは大歓迎!

 2ヵ月ほど前、マーリンズのイチローが日米通算安打数でピート・ローズ氏を超えたが、この時ローズ氏は「日本の成績は認めない」と発言、大きな論議を呼んだ。日米両球界を知る呉の客観的な意見を聞いてみたいところだが「自分の立場から言うのは難しい。まだ見識が足りないし、気を付けて発言したい」と謙虚な姿勢。「ただし、イチローが成し遂げたことは大きな功績で、大きなリスペクトを抱いている」と話すにとどまっている。

 記事では、韓国でついたニックネーム「石仏」にちなみ、チームメイトのカーペンターが遠征地シンシナティで呉に仏像をプレゼントしたエピソードを紹介。カージナルスでもチームメイトから「石仏(ストーンブッダ)」「ファイナルボス」の愛称で呼ばれているそうだが、呉自身は「新しいニックネームを見つけているんだ」と、意外な事実を明かしている。

「新しいニックネームがあってもいいね。実は、しばらく新しいものを見つけているんだ。今のニックネームは両方ともファンがつけてくれたもので、とても感謝している。新しいニックネームがつくということは、ファンがそれだけ自分に興味を抱いてくれているということ。歓迎するよ」

 イチローも認める野球愛の深い街・セントルイスのファンは、呉にどんなニックネームをつけるのか。ファンがニックネームをつけるまでに愛される存在となるためにも、今後の活躍が大きなカギとなりそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月10日(水)14時11分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]