ここから本文です

女性ファンが本気で欲しいと思うパ・リーグ球団のグッズとは?

Full-Count 8/10(水) 17:20配信

女性ファンの興味をそそる「かわいくて普段使いもできるグッズ」

 福岡ソフトバンクの「タカガール」やオリックスの「オリ姫」など、今では各球団の女性ファンの愛称が徐々に浸透しつつある。また、球場に実際に足を運んでみても、たくさんの女性ファンを目にする機会が多くなってきている。

 女性ファンが増えてきた理由の一つとして、「かわいくて普段使いもできるグッズ」の充実が挙げられるだろう。初めて球場へ足を運んだ女性をグッズショップで惹き付けて離さない。そして、それをきっかけに、少しでも「また来たい!」と思わせることが新規の女性ファン獲得への鍵となってくる。

 プロ野球の定番グッズといえば、レプリカユニホームやマフラータオルなどが挙げられるが、女性ファンはどのようなグッズに注目し、どんなグッズを欲しいと思っているのか。また、パ・リーグの各球団はどのようなグッズで女性ファンの心をつかんでいるのか、いくつかご紹介していきたい。

タカガールに大人気のシュシュは50種類以上と充実

 パ・リーグ各球団のホームページのグッズサイトを見てみると、女性ファンの公式愛称がある福岡ソフトバンクとオリックスは、それぞれ「タカガールグッズ」や「オリ姫グッズ」といった女性向けグッズを発売している。

 福岡ソフトバンクは女性ファンの数が12球団で最も多いとも言われているが、「タカガールグッズ」の豊富さはそれを物語っている。Tシャツやタオルの他にアクセサリーなど多数の女性向けのグッズを販売。中でもシュシュの種類が多く、その数なんと50種類以上。シュシュはどの世代の女性でも気兼ねなく使うことができる、使い勝手の良いアイテムで、さりげなくファンアピールもできる優れもの。かわいいユニホームにシュシュを身に着けて、オシャレに観戦を楽しみたいという女性に人気だ。

 また、女性向けのメガホンも充実している。女性の持つカバンは小さいため、収納しやすいサイズのミニメガホンが重宝される。ハート型のメガホンなど、カラフルでかわいいメガホンが5種類以上そろっている。お手軽でかわいい定番アイテムを使い、周りのファンたちと一緒に応援するのも、野球観戦の楽しみの一つだ。

 ヤフオクドームでおなじみのグッズとしては「スターフラッシュ」が挙げられる。大勢のファンが腕などに装着し、本塁打や奪三振、ラッキーセブンなど様々な場面で球場を盛り上げる。女性は一般的にイルミネーションや夜景など、キラキラと光るものを好む傾向がある。女性ファンの「視覚」を刺激するようなグッズを導入することで、女性ファンの新規獲得へとつながっていく。

1/2ページ

最終更新:8/10(水) 17:20

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革