ここから本文です

ボールの動きがとんでもない! レアル20歳MFの30メートル豪快ミドルをスペイン紙が絶賛

theWORLD(ザ・ワールド) 8/10(水) 17:40配信

ジダン監督の期待に応える

9日に行われたUEFAスーパーカップでレアル・マドリードが、延長戦にもつれ込んだ激闘の末、3-2でセビージャを撃破した。この試合が公式戦デビューとなった20歳のレアル・マドリードMFマルコ・アセンシオの先制弾がスペインメディアで話題になっている。

アセンシオのゴールが生まれたのは21分。セビージャによるスローインの流れからアセンシオがペナルティアークの手前でボールを拾うと、左足を振り抜いて豪快なブレ球のミドルシュートを放ち、ネットに突き刺した。セビージャのゴールを守っていたスペイン代表GKセルヒオ・リコも枠を外れると思ったのか一歩も動けなかった。

スペイン紙『MARCA』は「ハメス・ロドリゲスを抑えて先発出場したアセンシオは、ジネディーヌ・ジダン監督の期待に見事なゴールで応えた」と報じ、スペイン『as』の電子版は、メキシコやフランスなど世界中の実況中継の音声を紹介し、称賛されていることを伝えた。

30メートル近くあったミドルシュートを決めた同選手は「明確なシュートのイメージが見えていた。レアルのために先制ゴールを決められてとても満足している」と振り返り、「勝利とゴールを手にすることができた。これ以上の望みはない」と充実した試合だったと語った。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/10(水) 17:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報