ここから本文です

【高校野球】ドラフト注目左腕 花咲徳栄・高橋昂が苦しみながらも11K粘投

Full-Count 8月10日(水)18時33分配信

10安打で毎回のように得点圏に走者を置くも1失点で完投

 夏の甲子園大会4日目の第4試合、埼玉・花咲徳栄のエース・高橋昂が秋田・大曲工戦に先発し、10安打されながらも要所を締める11K投球で、1失点完投勝利をあげた。試合は花咲徳栄が6-1で勝利、初戦を突破した。

21世紀の甲子園優勝校一覧

 プロも注目する左腕だったが、立ち上がりから制球に苦しんだ。コンパクトに振ってくる大曲工打線にヒットを10本浴び、毎回のように得点圏に走者を背負った。だが、ここぞの時の直球に力があり、11奪三振を記録。5回の大曲工5番の佐渡の本塁打による1失点にしのいだ。

 大曲工は花咲徳栄と同じヒット数を放つなど、再三、高橋昂を苦しめたが、あと1本が出なかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月10日(水)19時16分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報