ここから本文です

クラブのホープだったサネ失ったシャルケ ハイデルSD「他に選択肢がなかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月10日(水)17時38分配信

今夏3700万ポンドでマンCに移籍

シャルケの将来を背負って立つ存在になってくれると期待されていたFWレロイ・サネは、今夏ジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティへ移籍した。まだ20歳と若く、ブンデスリーガでも47試合しか出場経験がない選手にマンCは3700万ポンドものオファーを提示し、獲得を成功させた。

シャルケにとっては痛い放出となったが、クラブのクリスティアン・ハイデルSDは仕方がなかったと考えている。独『Bild』によると、ハイデルSDは選択肢がなかったと語り、できる限りマンCから多くの移籍金を回収することが唯一自分にできた仕事だったとコメントした。

「他に選択肢がなかったんだ。我々は大きなタレントを失ってしまったよ。彼は明確な考えを持っていた。サネとは何度も楽しい話し合いをしたが、彼は移籍を望んでいたんだ。最終的に彼の移籍はシャルケにとっては良いことだったよ。もちろん彼が去ったのは残念だが、私の任務はできる限り利益を生むことだけだった」

サネはマンCに移籍した際にグアルディオラの下で成長できると語っており、キャリアアップのためにも移籍を決断する時期だと考えていたのだろう。シャルケは3700万ポンドもの額で売却に成功したものの、少しばかり早すぎる売却となってしまった。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月10日(水)17時38分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。