ここから本文です

2ヵ月ぶりの連勝狙う西武が試合開始17分で3点先制

Full-Count 8/10(水) 18:40配信

今季初先発の日ハム新垣を初回から捉え、4連打で3点先制

 西武が10日の日本ハム戦(札幌ドーム)で初回から猛攻を見せた。

 2死から面白いように打線がつながった。森が右前安打を放つと、前夜に決勝3ランを放ったメヒアが右中間へ先制適時二塁打。続く栗山の右前安打で一、三塁とチャンスを広げ、浅村が走者一掃の左中間2点二塁打を放った。今季初先発の新垣から4連打で3点を先制した。

 チームは6月10日の中日戦(西武プリンス)で2連勝して以来2ヵ月連勝がなく、6月10日からの中日3連戦(西武プリンス)以来15カードぶりのカード勝ち越しもかかっている。負の記録ストップへ、試合開始17分で3点を手にした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/10(水) 18:40

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革