ここから本文です

ホークス・バンデンハーク 2軍戦で71日ぶり実戦登板

Full-Count 8/10(水) 21:57配信

3回無失点、格の違い見せつけるも…

 10日、ソフトバンクのバンデンハークがタマスタ筑後での2軍戦(阪神戦)に先発。バンデンハークにとっては5月31日の中日戦以来、71日ぶりの実戦登板となった。投球内容は3イニングで球数37球、被安打1、奪三振4で無四球、無失点だった。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

 格の違いを見せつけたものの、球速は陽川を中飛に打ち取った150キロが最速と、本来のバンデンハークの投球を取り戻すにはもう少し実戦での調整が必要だろう。それでもバンデンハークは久しぶりの実戦登板に「試合に戻れてうれしい」と笑顔を見せた。

「初回は良かったけど、あと(2回、3回)は『OK』くらいかな。自分の一番の武器はストレートなので、今日はストレートを試したくて多めに投げた。まずは前に進むことが大事だし、チームメートと野球ができたことが良かったよ。これからのことは次の2、3日の体の調子を見て、一歩ずつ、相談しながらになると思う」

 あと数試合、2軍戦で登板してからの復帰となるだろうが、多くのホークスファンが彼の真の復活を待ち望んでいる。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:8/10(水) 21:57

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。