ここから本文です

広島、阪神に競り負ける 新井、9回満塁好機生かせず「打ち損じてしまった」

Full-Count 8/10(水) 23:01配信

緒方監督は攻撃陣責めず

 広島は10日、マツダスタジアムで行われた阪神戦に1-2で敗れた。先発した福井が6回2失点と試合を作ったが、打線が序盤の好機を生かせなかった。2位の巨人がDeNAに勝利し、ゲーム差は4.5となった。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 初回に菊池、丸の連打で1死一、三塁のチャンスを作り、能見のボークで1点を先制した。2回は2死二、三塁、3回にも1死一、二塁のチャンスを作ったが、得点できず、その後は立ち直った能見から得点を奪えなかった。

 緒方監督は、「ああいうピッチングをされると、なかなか点は取れない」と相手先発の能見に脱帽した様子だった。「福井は粘り強く投げてくれた」と先発を評価し、「攻撃でも点を取る形はしっかりできている」と攻撃陣を責めることもなかった。

 9回には藤川から2死満塁と一打逆転のチャンスを作ったが、新井がライトフライに倒れてゲームセットとなった。新井は「最後は甘かったけど、自分が打ち損じてしまった。悔しいです」と肩を落とした。それでも緒方監督は、「最後までウチらしい攻撃ができて、明日につながるでしょう」と、気持ちを切り替えた。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:8/10(水) 23:01

Full-Count