ここから本文です

最終ラインにコンバートでドイツ代表まで上り詰めた男がバイエルンの激戦区、中盤での起用を希望

theWORLD(ザ・ワールド) 8月10日(水)22時31分配信

ライバルはワールドクラスとなるが

バイエルンに所属するドイツ代表MFジョシュア・キミッヒは新シーズン、中盤での起用を求めているようだ。

昨季、ディフェンスラインに多くの怪我人が出た影響からCBとして起用されたキミッヒ。そこで安定したプレイを見せると、ドイツ代表にも初招集され、EUROでは右サイドバックとしてベストイレブンにも選出されるほどの活躍を見せた。しかし今季は本職の中盤で勝負したいと独『Munchner Merkur』で話している。

「僕はこの先数年、中盤で大きな役割を担いたい。イングランドへの移籍は考えなかった。バイエルンのほうがより魅力的だからね」

キミッヒのライバルとなるのはビダル、シャビ・アロンソ、チアゴ・アルカンタラ、レナト・サンチェスといったワールドクラスの面々だ。彼らを押しのけ、キミッヒは中盤に君臨することができるのだろうか。

最終更新:8月10日(水)22時31分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報