ここから本文です

猛烈な暑さ 観測史上1位タイ

カナロコ by 神奈川新聞 8月10日(水)0時47分配信

 太平洋高気圧に覆われた影響で県内は9日、厳しい暑さとなり、最高気温は海老名で38.1度、横浜では37.4度と、ともに観測史上1位タイを記録した。

 両地点とも、2013年8月11日に記録された観測史上1位の気温と同じ。横浜地方気象台によると、高気圧に覆われた上、山を越えて暖かい空気が流れ込むフェーン現象も重なったため、気温が上昇したとみられるという。

 暑さの影響で熱中症の症状を訴える人が相次ぎ、9日午後3時までの県の集計では高齢者14人を含む23人が病院に運ばれた。

 県内では8月に入り、熱中症で救急搬送される人が増えており、死者も出ている。

 県などによると、死亡したのは厚木市の40代男性。4日午後3時20分ごろ、路上であおむけに倒れているのを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。

 1~7日に県内で救急搬送されたのは298人で、うち8人が重症だった。

最終更新:8月10日(水)0時47分

カナロコ by 神奈川新聞