ここから本文です

正式発表:ハリアントがマノーのシートを喪失。オコンがF1デビュー

オートスポーツweb 8月10日(水)18時20分配信

 マノーは10日、リオ・ハリアントとのレースドライバー契約を終了し、代わってルノーのリザーブドライバー、エステバン・オコンを起用することを発表した。

【関連写真】リオ・ハリアントとパスカル・ウェーレイン

 
 10日朝、マノーはハリアントが契約上の義務を果たすことが不可能であるとして、ハリアントとのレースドライバー契約を終了し、残り9戦はリザーブドライバーとしてチームに残すというオファーを提示したことを発表した。
 
 インドネシア政府の支援を受けて今季F1にデビューしたハリアントだが、シーズン前半で参戦資金が尽き、サマーブレークの間にベルギー以降のための資金集めに動いていた。しかし、結局彼のマネジメントチームは資金調達に失敗したようだ。ハリアントがリザーブドライバーとしてのオファーを受けるかどうかは現時点では明らかになっていない。

  
 ベルギー以降は、パスカル・ウェーレインのチームメイトに、同じメルセデス傘下であり、現在ルノーのリザーブドライバーのオコンが務めることも発表された。
 オコンとの契約は残り9戦におよぶものであることが明言されている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月10日(水)19時14分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。