ここから本文です

オコン「F1デビューの準備はできている」。シート合わせも完了

オートスポーツweb 8月10日(水)19時9分配信

 マノーはベルギーGP以降の9戦、資金不足に陥ったリオ・ハリアントの代わりにエステバン・オコンをレースドライバーとして起用することを決定した。F1デビューが決まったオコンは、喜びのコメントを発表した。

【関連写真】リオ・ハリアントとパスカル・ウェーレイン

 
 フランス出身19歳のオコンは、2014年にヨーロピアンF3選手権で、2015年にはGP3でそれぞれタイトルを獲得した。今年はメルセデスからDTMに参戦しながら、ルノーF1チームでリザーブドライバーを務め、数回にわたってFP1に参加してきた。 
 
 パスカル・ウェーレインのチームメイトとしてF1デビューを果たすことが決まったオコンは、ルノーとメルセデスに感謝し、次のように喜びを表している。 

「今月末、マノー・レーシングからF1デビューを果たすことが決まり、わくわくしている」
「今シーズン、F1リザーブドライバーとして経験を積み重ねてきたおかげで、このエキサイティングな一歩を踏み出す準備はできている」
 
 オコンはすでにマノーのファクトリーを訪れ、シート合わせを行い、チームメンバーとの顔合わせも済ませたという。
 
 今季所属していたルノーと、彼をサポートしているメルセデスは、共に、オコンに対し祝福の言葉を贈っている。
 
 ルノーは代わりのリザーブドライバーは決めず、契約下にあるジュニアドライバーを必要に応じて起用する。
 メルセデスは、DTMにおいてリザーブドライバーのフェリックス・ロゼンクビストを後任として走らせることを決めた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月10日(水)19時12分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。