ここから本文です

ヒスロリ 初のバラード曲「Cry No More」はレッド・ツェッペリン/オアシス/エルトン・ジョンら手がけるEppsプロデュース

Billboard Japan 8/10(水) 12:10配信

 ネオ・ゴシック・ロック・ガールズバンド、Hysteric Lolita(ヒステリック・ロリータ、略称:ヒスロリ)の3rdシングル『Cry No More』が、8月10日にリリースされた。

その他 ヒスロリ画像一覧

 今作表題曲「Cry No More」は、ロック界のレジェンド・LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)や、OASIS(オアシス)、シンガーソングライター・ELTON JOHN(エルトン・ジョン)など数々の超一流ミュージシャンを手掛けたStuart Epps(スチュアート・エプス)のプロデュースによる、ヒスロリ初のバラード曲となる。

 ヒスロリとEppsは、昨年7月に英国遠征チャリティライブイベント【Smile for Children in London】開催時に初めて出会う。それをきっかけにEppsがヒスロリ・メンバーの熱いロック魂に興味を示し、即興で彼女たちのイメージをピアノでメロディにするエピソードがあった。帰国後にEpps直々のオファーが届き、今年3月再び渡英し現地レコーディング、アジア人アーティストとしては初のStuart Eppsプロデュースが実現した。

 この楽曲プロデュースに至る経緯やヒスロリについて語るEppsの秘蔵映像が、8月10日にヒスロリ公式サイトにて動画公開されている。「Cry No More」は日本語ver.の作詞をRani(vo)が担当、Eppsの独特な世界観をヒスロリイズムに表現した。そのほか、Basil(b)初の作詞作曲「超蝶々」含む全3曲を収録。[CD+DVD(日本語詞)]の発売に加え、英語ver.もiTunes等で限定配信される。

 8月11日からタワーレコードを中心に各地でリリースイベントが始まり、9月より東名阪ワンマンライブツアーも開催。今夏から秋にかけて、本格ロックパフォーマー魂を一気に放出するヒスロリに、世界からの期待も高まっている。


◎シングル『Cry No More』
2016/8/10 RELEASE
[UMZT-0208] 1,200円+税

<『Cry No More』リリース記念 ミニアコースティックライブ&特典会(観覧無料)>
8月11日(木・祝)17:00~17:30 兵庫 TOWERminiららぽーと甲子園店
※Rani(vo)&Layra(key)のみ出演
8月17日(水)17:00~17:30 東京 タワーレコードららぽーと立川立飛店
※Rani(vo)&Layra(key)のみ出演
8月27日(土)15:00~15:30 神奈川 タワーレコードグランツリー武蔵小杉店
※Rani(vo)&Layra(key)のみ出演
8月28日(日)19:00~19:30 神奈川 タワーレコード横浜ビブレ店
9月4日(日)12:00~ 愛知 タワーレコード名古屋パルコ店 西館1階イベントスペース
※Rani(vo)&Layra(key)のみ出演

◎Hysteric Lolitaとともに“感情的な曲たち”を聴くListen with開催決定!
【Hysteric Lolita Listen with】
8月27日(土)20:00~21:30
※当日はRani(vo)、Layra(key)が登場いたします。
イベント当日は KKBOX/うたパスアプリからイベントにご参加いただけます。

◎【Hysteric Lolita ONEMAN TOUR『Hysteric Rock』】
9月25日(日)大阪 阿倍野ロックタウン
10月10日(月・祝)名古屋 ell.SIZE
10月15日(土)東京 Zirco Tokyo
各公演 OPEN 17:30 / START 18:00
チケット:前売 3,000円 / 当日 3,500円(税込、1ドリンク別途)

最終更新:8/10(水) 12:10

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]