ここから本文です

クリープハイプ 新シングル『鬼』で二代目世界観か

Billboard Japan 8月10日(水)12時10分配信

 藤原竜也主演の日本テレビ系日曜ドラマ『そして、誰もいなくなった』主題歌として、ニューシングル『鬼』を8月10日にリリースしたクリープハイプの、新アーティスト写真が公開された。

 新しいアーティスト写真には、長谷川カオナシ、小川幸慈、小泉拓の3人がクールなポーズを決めている一方で、中心にはどうみても尾崎世界観には似ても似つかない着物を着たトボケ顔の男性がポーズを決めている。この中年男性が一体何者なのか気になるところ。真相は、『鬼』初回盤特典DVDに収録されている「尾崎世界観脱退~そして尾崎はいなくなる~」にてチェックできるようだ。

<中年男性コメント>
私、二代目世界観を襲名いたしました種田世界観と申します。
先代の名に恥じぬよう、万里一空の境地を目指し精進致しますので、
どうぞ一つよろしくお願いいたします。

◎リリース情報
ニューシングル『鬼』
2016/8/10(水)Release
<初回限定盤[CD+DVD]>
UMCK-9857 / 1,800円(tax out.)
<通常盤[CDのみ]>
UMCK-5607 / 1,200円(tax out.)
<収録曲>
1.鬼
2.炭、酸々
3.買いもの
<初回限定盤DVD収録内容>
「尾崎世界観脱退~そして、尾崎はいなくなる~」
※封入特典:2016年秋・全国ツアーチケット先行抽選受付シリアルナンバー入り
2016年8月9日(火)19:00~8月14(日)23:00

◎リリース情報
ニューアルバム『世界観』
2016/9/7(水)Release
<初回限定盤[CD+DVD]>
UMCK-9860 / 3,700円(tax out.)
<通常盤[CDのみ]>
UMCK-1551 / 2,750円(tax out.)
計14曲収録予定
<初回限定盤DVD収録内容>
短編映画「ゆーことぴあ」

最終更新:8月10日(水)12時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。