ここから本文です

レッド・ツェッペリン、「天国への階段」裁判でかかった費用請求認められず

Billboard Japan 8月10日(水)18時30分配信

 「天国への階段(Stairway to Heaven)」の創作面における著作権裁判では勝利したレッド・ツェッペリンだが、弁護費用の回収としておよそ80万ドル(約8,200万円)を求めていた8月8日の裁判では敗訴した。

 R.ゲイリー・クラウスナー裁判官が、根拠のない著作権訴訟ではなかったため同バンドのソングライター、レコード・レーベルおよび関連会社は、弁護料やその他費用を得る資格がないとの判決を下したのだ。

 「天国への階段」のイントロは米ロックバンド、スピリットの創設者ランディ・ウルフ作曲による無名のインスト曲からの盗用だとする裁判で今年6月、ギタリストのジミー・ペイジおよびシンガーのロバート・プラントは盗用をしていないとの評決がロサンゼルス連邦陪審により下されている。

 “ランディ・カリフォルニア”として知られるウルフの遺産管財人は、ペイジとプラントは彼の作品を良く知っており、小曲「Taurus」からリフを盗用して彼らのクラシック・ロック・アンセムの最初の2分間でリピートしていると主張していた。

 ウルフの遺産管財人は数百万ドルの損害賠償金と同曲へのクレジット掲載を求めていたものの、陪審団はレッド・ツェッペリンが「Taurus」の著作権保護を破っているとするには両曲は似ていないと裁決したのだ。

 レッド・ツェッペリンの弁護団は、このような古い訴えについては保険会社がカバーしないため合計79万3,000ドルの裁判費用を求めていた。

 彼らの主張は、同裁判は根拠のないもので、ロックスターから金銭を巻き上げるためにもたらされたものであり、弁護料を与えることでこの先の古くてメリットのない著作権訴訟を抑止することになる、というものだった。

 これに対しクラウスナー裁判官は、同裁判は審理を行うのに十分なメリットがあり、原告側に“悪意ある動機を隠している”証拠がないとしてこれらの主張を却下したのだ。

 クラウスナー裁判官はレッド・ツェッペリンの弁護団が法廷で勝利し、補償の正当性を示すことを認めたものの、最終的には彼の裁量次第となり、ウルフの遺産管財人に見方する形となった。

最終更新:8月10日(水)18時30分

Billboard Japan