ここから本文です

ブリジット・ジョーンズ、元カレ&新しいカレに困惑!ポスタービジュアル解禁

クランクイン! 8/10(水) 11:56配信

 映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』のポスタービジュアルが解禁となった。ポスタービジュアルでは、レニー・ゼルウィガー演じる主人公のブリジット・ジョーンズがiPadを抱え、元カレのマーク・ダーシー(コリン・ファース)と、本作から登場する新しいカレ、ジャック・クワント(パトリック・デンプシー)に挟まれきょとんとした表情を浮かべている。前作同様、おなじみのデザインに期待が一層高まる。

【関連】「レニー・ゼルウィガー」フォトギャラリー


 本作は『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ3作目。前作から11年、ブリジット未だに独身だ。しかし、テレビ局の敏腕プロデューサーとなったブリジットにハンサムでリッチ、性格もよいIT企業の社長、ジャックとのドラマチックな出会いが訪れる。一方、元カレのマークとも再会を果たすブリジットは、2人の間で揺れるのだが…。

 先日、日本版予告編が解禁され、ネットではファンが「コリン・ファースがカッコよすぎて私を殺そうとしている?」「絶対見に行く!本当にキュート!」「パトリックとコリンとか素敵過ぎる」と映画を心待ちにする声があがったほか、イケメンキャストにキュンキュンする女性が続出しているようだ。

 シリーズでお約束となっているマークとダニエル・クリーヴァ―(ヒュー・グラント)の三角関係から発展するへなちょこファイトを、本作でマークとジャックは観客に披露してくれるのだろうか。ドタバタな恋模様に期待。

 映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』は10月全国ロードショー。

最終更新:8/10(水) 11:56

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]