ここから本文です

『青鬼』、初アニメ化決定! TVショート&上映版ダブル展開

クランクイン! 8月10日(水)19時0分配信

 noprops氏が制作したフリーホラーゲーム『青鬼』が、今回TV版ショートアニメと上映版長編アニメの2段階で展開されることが決定した。アニメーション制作は『ひぐらしのなく頃に』『地獄少女』などのホラーアニメ作品を生み出してきたスタジオディーンが行う。

【関連】『あおおに~じ・あにめぇしょん~』フォトギャラリー


 2004年にインターネット上にて公開され、その後2009年からニコニコ動画内で関連動画の投稿が開始。ゲームの舞台仕立てはオーソドックスながら、複雑で歯ごたえのある謎解きや仕掛け、恐怖感を煽るBGM、何の前触れもなく現れてはプレイヤーを追いかけてくる青鬼の恐ろしさとインパクトなど、無料でダウンロードできるフリーソフトとは思えぬクオリティが話題となった。

 そして7年を経て現在まで関連動画は2万件以上、再生回数は累計1億回を超える超人気コンテンツ。2013年にノベライズ化、2014年、2015年には実写映画化、さらに今回、満を持して初のアニメ化を果たす。

 TV版ショートアニメのタイトルは『あおおに~じ・あにめぇしょん~』。原作『青鬼』をベースとしたホラー&コメディータッチのショートアニメになっており、町外れにある、お化けが出るという無人の洋館を、主人公ひろしが同級生達とともに訪れた奇怪な化け物「あおおに」に遭遇、そのサバイバルの模様を描く。

 一方、上映版のタイトルは『青鬼 THE ANIMATION』。こちらは原作フリーゲーム、小説、実写映画とも違う完全オリジナルストーリー、キャラクターで描かれており、新たな「青鬼」の謎・秘密・恐怖を感じる本格的ミステリホラーとなっている。

 テレビアニメ『あおおに~じ・あにめぇしょん~』は10月よりテレビ東京・BS ジャパンにて放送開始、映画『青鬼 THE ANIMATION』は2017年全国公開。

最終更新:8月10日(水)19時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。