ここから本文です

海外ドラマ『ゴッサム』に自称“ジョーカーの恋人”ハーレイ・クイン登場か

クランクイン! 8/10(水) 15:30配信

 『バットマン』シリーズのゴッサム市警本部長ジェームズ・ゴードンが駆け出しの刑事だった頃を描く人気海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム』。後のバットマンとなる少年時代のブルース・ウェインや後の悪役ペンギンとなるオズワルド・コブルポットなど、『バッドマン』シリーズと縁の深いキャラクター達が続々と登場する中、自称ジョーカーの恋人、ハーレイ・クインが登場する可能性があるという。

【関連】映画『スーサイド・スクワッド』フォトギャラリー


 現在、DCコミックの悪役達が集結する『スーサイド・スクワッド』が全米大ヒット中だが、ハーレイ・クインは劇中で女優マーゴット・ロビーが演じているキャラクターだ。

 『GOTHAM/ゴッサム』の製作を務めるジョン・スティーヴンスは現地時間9日、テレビ批評家協会の夏のプレスツアーで、ハーレイ・クインとキラー・クロック(映画ではアドウェール・アキノエ=アグバエが演じる、ワニのような皮膚を持つ男)が登場することをほのめかしたと、TV LineやIGNなどの海外メディアが伝えた。

 「多くのキャラクターは『スーサイド・スクワッド』に登場していることもあり、今シーズンに(ドラマに)登場することはない」と前置きしたスティーヴンス氏。「一部のキャラクターの初期の姿を見ることになるでしょう。プロトタイプのキラー・クロックが登場します。それに今シーズンではなく後になりますが、ハーレイ・クインの前身となりえるキャラクターがお目見えするでしょう」と語り、変貌を遂げる前の彼らを描くことを示唆したという。

 『GOTHAM/ゴッサム』は現地時間9月19日にシーズン3の第1話が放送予定。

最終更新:8/10(水) 15:30

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]