ここから本文です

個人記録よりもチームの勝利のために…本塁打リーグトップのDeNA・筒香

ベースボールキング 8月10日(水)6時30分配信

 DeNAの筒香嘉智は、月間最多の16本塁打を放ち7月の月間MVPに輝いたが、8月も打撃好調が続いている。

 5日の中日戦では、2点を追う9回に田島慎二が投じた高めの直球を左翼席へ運んだ。今季34号となるアーチは、今季の「進化」を象徴する逆方向への一発だった。

 そしてこの本塁打は、プロ通算100号となる節目のアーチ。初本塁打を記録した2010年10月7日の阪神戦から、大台までコツコツと積み上げてきた。24歳8カ月での通算100本塁打の達成は、12番目の年少記録で、DeNAでは09年の吉村裕基の25歳3カ月を抜いて最年少記録となった。

 ただ、この試合は守護神・山崎康晃が9回に逆転を許し、筒香の一発は空砲に終わった。自身の本塁打よりも、欲しいものがチームの勝利。メモリアルアーチにも、素直に喜べない筒香がいた。
「負けたら意味がない。自分の記録のためにはやっていないし、そこには興味がない」と淡々と振り返るに終始した。

 一方で本塁打の価値については少しだけ言及した。「ファンに喜んでもらえるもの。やっぱり一番いいものだけど、そこだけを目指していくのは違う」と話す。野球の醍醐味でファンを魅了しつつ、ファンのために勝利をささげる。これこそ「主砲」に与えられた役割だ。

 筒香は、7月度の月間MVPを受賞した。7月はプロ野球新記録の3試合連続&月間6度のマルチ弾をマーク。月間16本塁打は日本人歴代最多タイで、31打点も球団史上最多タイだった。

 量産態勢で話題を独占し、本塁打王の獲得も視野に入ってきた筒香だが、最後はあらためて明言した。

「チームが勝つためにやっていく中で、自分の記録は意識していない。今まで通りチームの勝利に貢献したい」。

 自身のバットで、チームを勝利に導く、その本塁打には初めて“価値”がつく。

BASEBALL KING

最終更新:8月10日(水)6時30分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]