ここから本文です

【高校野球】監督の通算勝利数トップ3は?~夏の甲子園・記録あれこれ~

ベースボールキング 8月10日(水)8時0分配信

8月7日に開幕した「第98回 全国高校野球選手権大会」。49地区の代表校が全国制覇を目指し、熱い戦いを繰り広げている。そこで今回は、夏の甲子園での監督勝利数ベスト3を見ていきたい。

 1位は37勝を挙げる智弁和歌山の高嶋仁監督だ。高嶋監督は智弁学園と智弁和歌山で指揮を執り、夏の甲子園は97年と00年に全国優勝へと導いた。指導した選手には、岡田俊哉(中日)、西川遥輝(日本ハム)などがプロで活躍している。また、選抜をあわせると通算63勝をマークし、甲子園での監督勝利数は歴代最多を誇る。

 2位は帝京・前田三夫監督の30勝。前田監督は監督就任後、夏の甲子園に12回出場し、89年と95年に全国制覇を達成した。近年は強豪ひしめく東東京大会を制覇できず、2011年に出場したのを最後に甲子園から遠ざかっている。

 3位は、昨季限りで横浜高校の監督を退任した渡辺元智監督の28勝だ。渡辺監督も夏の甲子園は80年と98年の2度制覇している。特に98年は、エース・松坂大輔(現ソフトバンク)を擁して、春夏連覇を成し遂げた。

 今大会は、夏の甲子園27勝を記録する馬淵史郎監督が率いる明徳義塾が出場している。今夏1勝を挙げると3位の渡辺監督と勝ち星が並び、優勝すると2位に浮上する。

◆夏の甲子園監督通算勝利数トップ3
1位 37勝 高嶋仁(智弁和歌山など)
2位 30勝 前田三夫(帝京)
3位 28勝 渡辺元智(横浜)

BASEBALL KING

最終更新:8月10日(水)13時25分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]