ここから本文です

山田が登録抹消…“ヤ戦病院”と化すヤクルト

ベースボールキング 8/10(水) 15:30配信

山田が登録抹消

 ヤクルトの主力野手に故障者が続出している。

 2年連続トリプルスリーの達成に期待がかかる山田哲人が、9日の中日戦で背中に痛み訴え、2回の守備から途中交代。そして10日に登録抹消が発表された。ヤクルトは現在、川端慎吾、畠山和洋、雄平と主軸に故障者が相次いでおり、ここに山田が加わる。その存在の大きさは今季の成績が物語っており、チームにとっては痛すぎる結果となった。

主な離脱者と現状

【三塁手】
・川端慎吾
<成績:87試 率.307 本1 点25>
 7月18日のDeNA戦で、1回裏の打席中に右足内側に打球を当てる。2回表の守備には就くも、3回表で途中交代。8月の復帰は厳しいといわれており、今季中の復帰が叶わない可能性も。

⇒西浦直亨
<成績:37試 率.255 本3 点15>
 川端が離脱後、三塁手として出場している。今季の打率は.255だが、8月は7試合に出場して、3試合でマルチ安打を記録。9日の中日戦でも、2安打を放つ活躍を見せた。


【一塁手】
・畠山和洋
<成績:45試 率.245 本1 点18>
 左手を痛め、6月上旬に離脱。8月の復帰を目指しているとのことだったが、今年中の復帰は難しいとの報道も。

⇒今浪隆博
<成績:79試 率.288 本1 点27>
 畠山の離脱後、一塁は西田明央と併用で起用されていたが、8月に入ってからは西田が捕手で先発出場が増え、今浪の先発機会が増加した。現在3試合連続マルチ安打中と、存在感を見せる。


【右翼手】
・雄平
<成績:94試 率.284 本7 点50>
 7月26日の阪神戦で、左脇腹の張りを訴え途中交代。翌日に一軍登録を抹消。

⇒比屋根渉
<成績:57試 率.244 本0 点4>
 雄平が登録抹消後、比屋根が昇格した。ルーキー・山崎晃太朗との併用となっているが、比屋根は途中出場した7日の阪神戦で4安打の大活躍。延長10回に、サヨナラ安打を放った。


 打線がウリのチームで、中軸に離脱者が相次ぐ厳しい状況だ。しかし、故障者に代わって起用されている西浦直亨、今浪隆博、比屋根渉といった選手は存在感を見せている。さらに、昨季は15試合の出場にとどまったバレンティンや、今季から加入し結果を残している坂口智隆など、昨季にはなかったプラスアルファもあるとはいえ、打線の厚みに物足りなさが残るのは否めない。

 そして山田だ。9日の中日戦で山田が途中交代した後、谷内亮太が二塁で好守備を見せたが、バットでは3打数無安打に終わった。今季はここまで打率.419(31-13)、1本塁打、5打点という成績を残しているとはいえ、打撃面で多くを期待するのは酷というもの。そもそも、打撃面における山田の代役など存在するはずがない。代わりに起用される選手にはその選手なりの貢献の仕方があるはずだ。

1/2ページ

最終更新:8/10(水) 15:39

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]