ここから本文です

3失策も大会タイの5併殺完成 守備が光った市和歌山、12年ぶりの1勝

ベースボールキング 8月10日(水)16時15分配信

第98回 高校野球選手権大会
星稜 2 - 8 市和歌山
<1回戦 8月10日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会4日目。第3試合では2年ぶり出場の市和歌山(和歌山)が星稜(石川)を8-2で下し、初戦突破を決めた。

 春のセンバツでは南陽工(山口)を相手に初戦で敗退。悔しさをバネに守備を徹底的に鍛え上げたチームは、夏の初戦でその成果を見せつける。

 1点を先制した初回、同点のタイムリーを浴びるも、続く打者を併殺に打ち取って切り抜ける。2回にも山崎拓哉(3年)と薮井(2年)のタイムリーで4-1と勝ち越し、その裏の守備では失策で1点を失うも、なおも続いた無死満塁のピンチは三振と併殺で最少失点で切り抜けた。

 3回には早くもこの試合3つ目となる併殺を決めると、6回には先頭打者に出塁を許しながら、三振&盗塁失敗のいわゆる“三振ゲッツー”でピンチの芽を摘んだ。

 そして極めつけは8回、先頭からの連打で無死一二塁のピンチを招くと、続く打者はサードへのゴロに打ち取る。サードがベースを踏んで素早くセカンドに転送し、セカンドからファーストへ。惜しくも一塁はセーフとなったが、あわやトリプルプレーかという5-4-3の見事な連携。この試合5つ目の併殺を完成させた。

 なお、1試合5併殺というのは、2004年に明徳義塾(高知)が盛岡大付(岩手)を相手に記録して以来12年ぶりの大会タイ記録となる。

 走者こそ出しながら、要所では鍛えられた守備が光った市和歌山。強打を誇る星稜打線を相手に11安打、与四死1、失策も3つ記録しながら2点で踏ん張り、見事12年ぶりとなる甲子園での勝利を掴んだ。


▼ 市和歌山・半田真一監督
「欲しいところで追加点がとれたのが良かった。(先発・赤羽に関しては)よく投げてくれた。継投も視野に入れていたが、最後まで投げ切ってくれた」

▼ 市和歌山・赤羽陸
「(先発して9回2失点完投に)“逆転の星稜”だけにドキドキした。打球も速かったが、後ろがしっかりと守ってくれた」

BASEBALL KING

最終更新:8月10日(水)16時16分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]