ここから本文です

走者を出すもホームは遠く…“逆転の星稜”不発で初戦敗退

ベースボールキング 8/10(水) 16:16配信

第98回 高校野球選手権大会
星稜 2 - 8 市和歌山
<1回戦 8月10日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会4日目。2年ぶり18度目の出場となった星稜(石川)は市和歌山(和歌山)に2-8で敗れ、この夏は初戦で散った。

 “逆転の星稜”は今年も健在。県の決勝では日本航空石川を相手に3点差を跳ね返して勝ち上がってきた。この日も初回に失点を喫して追いかける展開となるも、直後に犠飛で同点。立ち上がりから点の取り合いの様相を見せる。

 2回に3点を勝ち越されるも、その裏には無死満塁から相手の失策で1点を返し、なおも無死満塁のチャンス。ところが、続く川岸正興(2年)が三振に倒れると、森田涼雅(3年)は最悪のホームゲッツー。反撃のチャンスをふいにしてしまった。

 その後は走者こそ出しながらも、相手エース・赤羽陸(3年)を前にあと一本が出ない展開。5度の併殺を喫するなどツキにも見放されると、7回と8回にダメ押し点を奪われて万事休す。

 甲子園で“逆転の星稜”の底力は見せることが出来ず、2-8で敗れた。


▼ 星稜・林和成監督
「点差ほどの差はなかったと思うし、選手たちはよくやってくれた」

BASEBALL KING

最終更新:8/10(水) 16:17

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。