ここから本文です

注目左腕相手に10安打を放つも…大曲工の初勝利はお預け

ベースボールキング 8/10(水) 19:16配信

第98回 高校野球選手権大会
花咲徳栄 6 - 1 大曲工
<1回戦 8月10日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会4日目。第4試合は初出場の大曲工(秋田)が3季連続出場の花咲徳栄(埼玉)に挑んだが、1-6で敗れた。

 初回、2回と立て続けに失点を喫した大曲工。4回にも1点を失い、3点を追う展開となる。それでも直後の4回裏、5番の佐渡敬斗(3年)が初球の真っ直ぐを振りぬくと、打球はレフトスタンドへ。県大会では打率.071、本塁打も0と苦しんだ男が、甲子園でプロ注目左腕から一発を放ち、1点を返した。

 打線はその後も幾度と無くチャンスを作る。5回は2本のヒットで一、三塁のチャンスを作るも、4番の佐藤泰輝(3年)が倒れて得点ならず。6回には一死三塁のチャンスを作りながら、高橋陽喬(3年)と加藤聖也(3年)が連続三振に倒れてここも無得点。好投手を前にあと一本が出ない。

 1-3のまま迎えた8回、力投を続けていた先発の藤井黎来(2年)がつかまり、タイムリーで失点。さらに野選でもう1点を失い、リードを広げられると、9回には代わった鈴木理公(3年)が二死を取った後にヒットと盗塁、暴投でピンチを招き、タイムリーを浴びてもう1失点。1-6と5点差をつけられてしまう。

 9回裏にも一死から連打で一、二塁のチャンスを作るも、最後は丹波勇太(3年)が内野ゴロ併殺に倒れてゲームセット。注目左腕に10本の安打を浴びせ、チャンスを作りながらもあと一本が遠く...。大曲工の初めての夏は初戦で幕を閉じた。

BASEBALL KING

最終更新:8/10(水) 19:18

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。