ここから本文です

レッド・ツェッペリン、伝説のライブ・フィルム『狂熱のライブ/THE SONG REMAINS THE SAME』が、東名阪のZEPPで上映決定

RO69(アールオーロック) 8月10日(水)20時10分配信

レッド・ツェッペリンの伝説的ライブ・ドキュメンタリー・フィルム『狂熱のライブ/THE SONG REMAINS THE SAME』が、9月14日(水)に東名阪のZEPPにて一夜限りで絶響上映されることが決定した。

『狂熱のライブ/THE SONG REMAINS THE SAME』は、レッド・ツェッペリンが1973年にニューヨークにあるマジソン・スクエア・ガーデンで行ったライブの模様が収録されもので、1976年10月21日、ニューヨークにて世界初公開(日本公開は1977年7月)された伝説的ライブ・ドキュメンタリー・フィルム。その公開から40年の時を経て、ライブ会場のPAシステムをフル活用したライブ音響による大音量上映が行われることとなった。

ライブ会場は、その名称が“ZEPPELIN”に由来すると言われている東京・大阪・名古屋の3か所のZEPPとなる。

映画収録楽曲
1.ロックン・ロール
2.ブラック・ドッグ
3.貴方を愛しつづけて
4.ノー・クォーター
5.永遠の詩
6.レイン・ソング
7.幻惑されて
8.天国への階段
9.モビー・ディック
10.ハートブレイカー
11.胸いっぱいの愛を

イベントの詳細は以下の通り。

●イベント情報
『レッド・ツェッペリン狂熱のライブ[Led Zeppelin THE SONG REMAINS THE SAME ]』(デジタル・リマスター版)1 夜限りのライブ絶響上映@Zepp
日程|2016年9月14日(水)
開場|18:30 開演|19:15
会場|Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Nagoya、Zepp Namba(OSAKA)
http://hall.zepp.co.jp/divercity/floor.html
座席|エリア内自由。1Fの座席のみの販売になります。
ライヴ絶響上映|スタンディングも歓声もOK。ライヴハウスの音響で、通常の音楽ライヴと同様に楽しんでいただく上映スタイル。
※主催者側の判断によっては、お声を掛けさせていただく場合もございます。
※blu-ray での上映になります。
出演・演奏|LED ZEPPELIN
制作|ピーター・グラント 監督|ジョー・マソット、ピーター・クリフトン
1976年/カラー(一部白黒)/2ch/137 分/16:9/blu-ray

[チケット]
8/10(水)11:00より、販売受付開始
前売券|センターエリア・シート 3,900 円(税込)、一般席 2,900 円(税込)
当日窓口料金|センターエリア・シート 4,300 円(税込)、 一般 3,300 円(税込)
※入場者特典付(先着での配布になります。配布はなくなり次第終了とさせていただきます)
ご入場時に、別途ワンドリンク+500 円をいただきます。

公式ホームページ|http://www.110107.com/mob/pageShw.php?site=OTONANO&ima=4313&cd=zepp-de-zep

コピーライト:©1976Warner Bros. All Rights Reserved.
企画・主催: (株)Zepp ホールネットワーク、(株)ソニー・ミュージックダイレクト

RO69(アールオーロック)

最終更新:8月10日(水)20時10分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。