ここから本文です

郷土の星の快挙に歓喜 小堀選手が銅メダル、競泳男子800メートルリレー

北國新聞社 8月10日(水)15時55分配信

 第4泳者がゴールした瞬間、「よくやったー」と地元住民らに歓喜の輪が広がった。リオ五輪競泳男子800メートルリレーで52年ぶりの銅メダルを獲得したトビウオジャパン。小堀勇気選手の地元能美市では両親や同級生らが抱き合って喜び、快挙を成し遂げた「地元の星」をたたえた。

 パブリックビューイングの会場となった緑が丘会館には、小堀選手の父孝之さん(51)、母厚美さん(49)、姉有香さん(25)が地元住民ら約150人とともにエールを送った。

 小6まで水泳をしていた有香さんは「この4年間、タイムが伸び悩んでいた。きょうは一番かっこよく、一番速かった。自慢の弟です」と目を潤ませた。

 今回は治安を考慮して現地入りを控えただけに、孝之さんは「4年後は東京で目の前で金メダルをとるところがみたい。まずはよくやったとお疲れさんを言いたい」とねぎらった。

北國新聞社

最終更新:8月10日(水)15時55分

北國新聞社