ここから本文です

ポグバ移籍のユーヴェ、イスコ獲得交渉開始か…コヴァチッチにも関心

SOCCER KING 8月10日(水)11時53分配信

 フランス代表MFポール・ポグバのマンチェスター・U移籍が決まったユヴェントスが、代役としてレアル・マドリードのスペイン代表MFイスコの獲得に動いているようだ。スペイン紙『ムンド・スポルティーボ』が9日に報じた。

 報道によると、ユヴェントスがイスコの獲得に向けてオファーを準備。近日中に移籍交渉が始まる見込みと報じられている。同選手については6日付のスペイン紙『アス』がミランからの関心を伝えており、今後は争奪戦が展開される可能性もありそうだ。なお、5日付の同紙によれば、レアル・マドリードはイスコを放出する意向を持っている模様だ。

 また、ユヴェントスはイスコだけではなく、同じくレアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチの獲得にも関心を持っていると伝えられた。ポグバの移籍により、史上最高額の移籍金1億500万ユーロ(約118億6000万円)を手にするユヴェントス。今後、積極的な補強に動くことは確実と見られている。

SOCCER KING

最終更新:8月10日(水)12時4分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。