ここから本文です

シュトゥットガルト指揮官、流血後も奮闘した細貝を称賛「まさにファイター」

SOCCER KING 8月10日(水)16時24分配信

 8日に行われたブンデスリーガ2部開幕戦にフル出場したシュトゥットガルトのMF細貝萌を、ヨス・ルフカイ監督が称賛した。10日、ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。

 6万人の観衆が詰めかけ行われた2部開幕戦。降格1年で返り咲きを果たしたいシュトゥットガルトだったが、FW宮市亮所属のザンクトパウリに先制を許す苦しい展開に。しかし、後半は交代策などが功を奏し、逆転で勝ち点3の確保に成功した。

 この試合の70分には、細貝が相手選手のファールを受けて流血するアクシデントも。だが、治療を受けてプレーを続けた細貝はそのままフル出場を果たしている。

 ドイツ紙『ビルト』によれば、試合後にルフカイ監督は「ハッチ(細貝)はまさにファイターのようだったね。代わるかと聞いたら、彼からの返事は『大丈夫です』というものだった」と明かし、「かなり出血したにもかかわらず、そのままプレーし続け、後半ではチームをもり立てていた。チームのために、とても精力的にプレーしていたね」と称賛。

 また、同紙は記事の中で、「シュトゥットガルトのサムライだ」と細貝について評している。

 シュトゥットガルトは次節、11日に敵地でデュッセルドルフと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8月10日(水)16時24分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報