ここから本文です

万全ではないけれど…別メニュー調整のFW浅野、スウェーデン戦で「すべてを出し切る」

ゲキサカ 8月10日(水)12時1分配信

 万全の状態ではない。7日に行われたグループリーグ第2節コロンビア戦で反撃の狼煙を上げる一撃を叩き込み、2試合連続ゴールをマークしたFW浅野拓磨(アーセナル)だったが、その試合中に負傷。スウェーデン戦の前日練習も別メニューでの調整となった。

 コロンビア戦のプレー中に「時間帯も覚えていないけど、シュートを打とうとして相手を蹴ってしまい、そのプレーの後に急に踵が痛くなってきた」と右の踵を打撲。「正直なところ痛みはある」と大事をとっての別メニューでの調整となり、「問題はないと思うけど、本当に明日になってみないと分からない」と話した。

 しかし、どんな状況であろうとピッチに立てば「自分が持っている力をすべて出し切りたい」と完全燃焼を誓う。

 自力での決勝トーナメント進出の可能性は消滅しており、たとえスウェーデンに勝利しようともグループリーグ敗退の可能性がある厳しい状況で最終節を迎える。だが、このチームは下馬評を覆してアジアの頂点に辿り着くなど、逆境を乗り越えてきた経験がある。だからこそ、「厳しい状況でこそ、僕たちは力を発揮できると思っている。僕たちは120パーセントの力を出し切って勝利するだけ。あとはサッカーの神様が決めることだと思う」とこれまでともに歩んできた仲間と勝利だけを目指して戦う。

 自身は2試合連続ゴールと結果を残しているが、満足感などない。「チームの皆がたくさんチャンスを作ってくれているので、もっともっとゴールを取れる。次の試合もゴールを取りたいし、結果を残す自信はある」。決して万全な状態ではない。しかし、頼れるストライカーは3試合連続ゴールを奪って、チームを決勝トーナメントに導こうと燃えている。

最終更新:8月10日(水)12時1分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]