ここから本文です

相次ぐ118億円ポグバ獲得批判にモウ監督反論「マンU級のクラブでこそ起こりうること」

ゲキサカ 8/10(水) 12:25配信

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、ライバルクラブがMFポール・ポグバを世界最高額を更新する移籍金で獲得したことを批判していることについて反論した。

 マンUは8日にユベントスからフランス代表MFポール・ポグバを獲得したことを発表した。2012年にフリートランスファーで手放した選手を買い戻したマンU。その移籍金はこれまでの世界最高額を上回る8900万ポンド(約118億7000万円)となった。

 これに対し、多くのクラブ関係者などから疑問、批判の声が挙がっている。アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は「完璧に狂ってる」と話し、リバプールのユルゲン・クロップ監督もたとえいくら使えるのだとしても、一人の選手にあそこまでの大金はかけないと話していた。

 しかしモウリーニョ監督は「議論が持ち上がっていることは知っているし、理解できる」とした上で、次のように反論した。公式サイトが伝えている。

「議論が持ち上がっていることは知っている。それは理解できる。フットボール界ではときどき特別な出来事が起こり、クラブが記録破りのことをしたりもする。しかしそういったことは、マンチェスター・ユナイテッド級のクラブでこそ起こりうることだ」

「コメントや、批判している監督の声なども耳に入ってきた。そういう人たちは、このような問題に直面したことがない人たちだ。なぜなら、そういったことは世界でトップクラスのクラブだけに起こりうることだからだ。マンチェスター・ユナイテッドのようにね」

最終更新:8/10(水) 12:25

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]