ここから本文です

“謎交代”モウリーニョ体制でも残る!マタはマンU残留へ

ゲキサカ 8月10日(水)12時48分配信

 スペイン代表MFフアン・マタは、今季はこのままマンチェスター・ユナイテッドでプレーすることになりそうだ。『スカイ』が伝えている。

 マタには移籍の噂が絶えないでいる。13-14シーズンをチェルシーで迎えていたマタだが、ジョゼ・モウリーニョ監督の下で出場機会を失い、冬の移籍でマンUへの移籍を果たした。そして今季よりモウリーニョ監督がマンUの監督に就任したことで、当初よりチームを出るのではないかとの憶測が飛び交っていた。

 またモウリーニョ監督は、7日に行われたレスター・シティとのFAコミュニティーシールドでは、後半18分に途中投入したマタを後半アディショナルタイムに交代させる采配をみせた。この交代は現地でも“謎の交代”として大きく取り上げられた。このことが、マタの移籍を加速させるのではとの見方を強めていた。

 しかし現状、マタについての移籍話は進んでいない模様。『スカイ』によると、スペインやドイツのクラブが感心を示しているが、移籍金などがネックとなり、交渉が進んでいない様子。残留に向かっているとしている。

最終更新:8月10日(水)12時48分

ゲキサカ