ここから本文です

運命の一戦に向け、燃える武蔵「この一戦に懸ける思いは強い」

ゲキサカ 8月10日(水)12時56分配信

 バックアップメンバーとしてブラジル入りした。しかし、チーム合流翌日にFW久保裕也(ヤングボーイズ)の招集断念が発表され、FW鈴木武蔵(新潟)は登録メンバー入りを果たした。当初は「複雑な気持ちではある」と語っていたが、スウェーデン戦を翌日に控え「久保のためにという気持ちはもちろんありますが、18人に選ばれた以上、代表の誇りを持って戦うという気持ちで満ち溢れている」と胸を張って答えた。

 グループリーグ第1節ナイジェリア戦では後半25分から出場機会を得ると、後半アディショナルタイムにはゴールを陥れた。第2節コロンビア戦では出場機会こそ訪れなかったものの、同試合でFW浅野拓磨(アーセナル)が右の踵を打撲して別メニュー調整が続いており、スウェーデン戦でピッチに立つ可能性は十分にある。

「最終戦で力を見せたい。この世代が始まった当初から呼んでもらい、最後こういう形でメンバーに入れたけど、ここ(五輪)を目標にずっとやってきたので、積み上げてきたものというのを結果として出したい」

 すでに自力でのグループリーグ突破の可能性は消滅しているが、他会場の結果により引き分け以上で決勝トーナメントに進出する可能性は残されている。だからこそ、「この一戦に懸ける思いは強いし、まずは勝つしかない」と力強く語った。そして、ピッチに立てば「アグレッシブに戦い、結果を残してチームを勝利に導きたい」と自らのゴールでチームに歓喜を呼び込もうと燃えている。

最終更新:8月10日(水)12時59分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]