ここから本文です

OGの藤春に恩師がエール、「あいつは大丈夫」

ゲキサカ 8月10日(水)21時42分配信

 恩師が熱くエールを送った。大阪体育大の坂本康博総監督が“愛弟子”でリオ五輪代表のDF藤春廣輝(G大阪)を思いやった。

 藤春は7日に行われたリオデジャネイロ五輪のコロンビア戦、0-1の後半20分にオウンゴールを献上。チームはそこから2点を奪って引き分けたが、試合後は責任を感じて涙を流していた。その後、チームのフォローもあり、笑顔を取り戻した藤春だったが、運命のスウェーデン戦を前に、恩師は改めてそのメンタルに太鼓判を押した。

 リオ五輪の試合をテレビ観戦していた坂本総監督。オウンゴールのシーンもしっかりと確認したといい、「左利きで右足が蹴れないから。あいつのガラスの右足だから、仕方ないとは思うんだけれども……」とユーモアを交えて話すと、「あの場面はちょっとボールにバウンドがかかって、不運な点もあった。難しい状況だったんだろうけれども、あそこは本人しか分からない」と思いやる。

 そのメンタルが心配される藤春だが、坂本総監督は「大丈夫でしょう。あいつはメンタル的には問題ないです。次に使ってもらえるとしたら、しっかりとベストを尽くしてやると思いますよ」と言い切った。愛弟子をよく知っているからこそ、出る言葉だった。

 東海大仰星高時代は全国出場こそしたものの無名だった藤春だが、大学4年間で大きく成長するとJリーガーになる夢を叶えた。大学2年時には総理大臣杯優勝も経験。大学4年時には関西学生リーグ2部のアシスト王にも輝いた。そして2011年に大阪体育大からG大阪へ入団。大学4年間を時には厳しく、時には優しく見守ってきたのが坂本総監督だった。

 リオ五輪出発直前には二度ほど顔を合わせたといい、愛弟子へは「若手の中にOAで入るのだから、チームの若いやつを引っ張っていけるような状況を作り出せ」とエールを送ったという。

 熱き指揮官は最後に藤春へのエールを問われると、「勝て!! 何が何でも勝て!!ですね」と温かく微笑んだ。多くの人が藤春を支え、その活躍を待っている。

最終更新:8月10日(水)21時52分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]