ここから本文です

NY外為:ポンドが対ドル1.30ドル割れ、投資家は英統計に注目

Bloomberg 8月9日(火)17時25分配信

9日の外国為替市場ではポンドがドルに対し5営業日続落。約1カ月ぶりに一時1.30ドルを割り込んだ。欧州連合(EU)離脱選択後の英経済の状態を示す経済データが来週から公表される。

ポンドは主要16通貨に対し全面安。イングランド銀行(英中央銀行)が8月4日に2009年以来となる利下げを実施して以降、ポンドは5月以来最長の連続安となっている。

この日は金融政策委員会(MPC)のマカファティー委員が英紙タイムズへの寄稿で、一段の利下げと量的緩和(QE)が必要となる可能性があるとの考えを示したことも、ポンド売りにつながった。

野村インターナショナル(ロンドン)のシニアエコノミスト、チャールズ・サンタルノー氏は「英中銀は年内に金利を引き下げるとの認識が徐々に広がっている。これはポンドにとって弱材料となるだろう」とし、「既に織り込み済みのはずだ。従って、悪い材料がこれ以上出てこない場合、ポンドにどれだけ下押し圧力がかかるかが問題となる」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ポンドはドルに対して前日比0.3%安の1ポンド=1.3003ドル。ドルは対円で1ドル=101円87銭。

マカファティ委員は先週のMPCで利下げには賛成したが、資産購入の拡大には反対した。英中銀は4日、政策金利を0.25ポイント引き下げて過去最低の0.25%とした。資産購入枠は600億ポンド増額され、4350億ポンドとなった。

セント・ジョージ銀行のシニアエコノミスト、ジャヌ・チャン氏(シドニー在勤)は「ポンドは目先、いくぶんか弱い展開になるだろう」と述べ、「英中銀が打ち出した刺激策は大規模だった。英国経済は短期的に打撃を受け、軽度なリセッション(景気後退)に陥る恐れもあった」と続けた。

原題:Pound Tumbles Below $1.30 as Traders Await More Brexit Bad News(抜粋)

相場を更新し、最終2段落を追加します.

Rebecca Spalding, John Ainger

最終更新:8月10日(水)6時46分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]