ここから本文です

戸田工業と独BASF、北米でのリチウム電池用正極材の合弁で交渉

Bloomberg 8月10日(水)0時49分配信

世界最大の化学メーカー、ドイツのBASFと戸田工業は北米でのリチウムイオン電池用正極材事業の合弁化に向け、独占交渉を開始した。

9日のBASF発表によると、同社が北米合弁における過半数株式を保有する。両社は既に日本でリチウムイオン電池の合弁を展開しており、今回の北米合弁で提携関係を強化すると付け加えた。

戸田工業の久保田正代表取締役会長は同日の発表文で、リチウムイオン電池市場において、自動車用は揺籃(ようらん)期が長く続いてきたが、年率30%を超える高成長が期待されると述べた。

原題:BASF in Talks With Japan’s Toda on Battery Materials Combination(抜粋)

Julia Hirsch

最終更新:8月10日(水)0時49分

Bloomberg