ここから本文です

NY金:反発、1週間ぶり安値から持ち直す-ドル下落で

Bloomberg 8月10日(水)4時34分配信

9日のニューヨーク金先物相場は反発。約1週間ぶりの安値から持ち直した。ドルが下落したことから、価値保存手段としての金買いが膨らんだ。

BMOキャピタル・マーケッツの商品トレーディング担当ディレクター、タイ・ウォン氏は、「多少の買い気配が見られる」と電子メールで指摘。「きょうはドルが軟調なため、売り手は慎重になっている」と述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.4%高の1オンス=1346.70ドルで終了。前日は一時1335.30ドルと、7月29日以来の安値をつけた。

銀、パラジウム、プラチナの先物もそれぞれ上昇した。

原題:Gold Rebounds From Lowest in a Week as Rate Bets Weaken Dollar(抜粋)

Luzi-Ann Javier

最終更新:8月10日(水)4時34分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]