ここから本文です

NY原油(9日):反落、米生産見通し引き上げで供給超過解消遠のく

Bloomberg 8月10日(水)5時34分配信

9日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落。米エネルギー情報局(EIA)は2016、17年の米原油生産見通しを引き上げた。先週の原油・ガソリン在庫は減少したとみられているが、なおこの時期としては少なくとも20年ぶりの高水準を維持する公算。

USバンクのプライベート・クライアント・グループで地域投資マネジャーを務めるマーク・ワトキンス氏(ユタ州パークシティー在勤)は、「需給がバランスを取り戻すには、誰もが予想していたよりもずいぶんと長い時間がかかりそうだ」と話す。「今年の終盤、あるいは来年の前半になるかもしれない」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比25セント(0.58%)安い1バレル=42.77ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント10月限は41セント下げて44.98ドル。

原題:Oil Falls as Supply Glut Seen Shrinking Slower Than Expected(抜粋)

Rachel Adams-Heard

最終更新:8月10日(水)5時34分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]