ここから本文です

豪コモンウェルス銀:16年6月期の増益率、2009年以来の低水準

Bloomberg 8月10日(水)11時39分配信

オーストラリア最大の銀行、コモンウェルス銀行の2016年6月通期決算では、増益率が09年以来の低水準となった。大半の部門で利益が減ったほか、商品相場が下落する中で貸倒引当金が膨らんだ。

10日の当局への届け出によれば、同行の一部項目除く通期利益は94億5000万豪ドル(約7370億円)と、前年の91億4000万豪ドルを3%上回った。7年連続の最高益更新となったものの、減益となった09年以来の低い利益の伸びにとどまった。ブルームバーグがアナリスト13人を対象に行った調査では、95億豪ドル(予想中央値)と見込まれていた。

部門別では、リテール銀行部門など一部を除いて軒並み減益となった。貸倒引当金は前年比27%増の12億6000万豪ドル。資源や商品、酪農セクター向けで拡大したという。

原題:CBA Profit Growth Slowest Since 2009, Bad-Debt Charges Climb (3)(抜粋)

Narayanan Somasundaram

最終更新:8月10日(水)11時39分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]