ここから本文です

【柔道男子】ベイカー茉秋が準々決勝へ 憧れは「60億分の1の男」

東スポWeb 8月11日(木)0時12分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ10日発】柔道男子90キロ級で、昨年世界選手権3位のベイカー茉秋(21=東海大)が3回戦でクコリ(セルビア)に逆転の合わせ技一本勝ちで準々決勝に進出した。

 長身の相手に組み負けたベイカーは「指導」を取られると、大内刈りで倒され「有効」を奪われた。それでも焦らず、小外刈りで「技あり」を奪って逆転。そのまま横四方固めに移行して勝負を決めた。

 憧れは「60億分の1の男」の異名を取った最強MMAファイター、エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)。PRIDE時代からその強さをチェックしてきた。ベイカーも“氷の皇帝”ばりの冷静さで勝ち上がれるか。

最終更新:8月11日(木)0時24分

東スポWeb