ここから本文です

SHELLY、夫の子育て協力に感謝「いいのを選びました」

リアルライブ 8月11日(木)15時24分配信

 タレントのSHELLYが、10日、都内で行われた「コンドウアキが描くうさぎのモフィ展」オープニングイベントに出席。今年1月に第一子の女の子を出産し、母として、タレントとして多忙な日々を送るが、子育てに関して問われると「運よく主人がやってくれるのです。お乳をあげる以外は全部やってくれる」と夫で売れっ子TVディレクターの相田貴史氏との夫婦生活をおのろけ。「ラッキーでした。いいのを選びました」と笑顔を見せた。

 娘について問われたSHELLYは「お母さんが愛らしさを持っていないので、お父さんとお母さんの間くらい、愛らしさもある芯がある子に育ってほしい」としみじみ。子育ては夫の協力もあり順調であると明かすと、「声を出して笑うようになったのは嬉しかったです。けたけたと笑った瞬間は母として『これこれ!』というのがありました」とニヤニヤ。

 まだ生まれて約6か月だが、「性格が現れる瞬間がある」とも述べ、「飽きると『うわぁーん』って。飽きて次の遊びがしたいって。性格がはっきりしているのかな」と娘を分析。「残念ながらお母さん似かもしれないです。成長が今から楽しみ」と述べると、「家族や親戚も家の近くに住んでいるので周囲の方に本当に助けられています。わたしも頑張らないと」と話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

最終更新:8月11日(木)15時24分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。